セガは、今冬に発売を予定しているXbox 360用ソフト『電脳戦機バーチャロン フォース』の新情報を公開した. 本作は、人気ロボットACT『電脳戦機バーチャロン』シリーズの3作目である同名ソフトをXbox 360に移植したもの. シリーズで初めて2on2バトルを採用し、リーダー制やレスキューダッシュなどの新システムが搭載されている作品だ. 移植に際して、Xbox LIVEを用いた最大4人での通信対戦に加えて、フレンドとともに戦う協力プレイも可能になっている. 移植は、『電脳戦機バーチャロン オラトリオ・タングラム』をはじめ、数々のアーケード移植タイトルを担当してきたチームが担当. アーケードでプレイしていたユーザーも違和感なく遊べるだろう. どちらかの機体がリーダーに設定され、リーダーが撃破されると敗北となる. 互いのライフを再配分するレスキューダッシュを活用して、リーダー撃破の危険を避けよう. 左右のターボボタンを同時に押すと、ロックオンの対象を変更できる. 目の前にいる敵だけを注目していると、思わぬところから手痛い一撃を食らう? 『電脳戦機バーチャロン フォース』の最大の特徴は、シリーズ最多の機体が登場するということ. Xbox 360版では全機体を自分のものにすることが可能で、新たに用意される”ミッションモード”をクリアしてレア機体を集めていこう. 人気イラストレーラー・カトキハジメさんがデザインしたバーチャロイドの数は、シリーズ最多を誇る. カラーバリエーションも数多く存在し、本作の魅力の1つとなっている. Ver.7.7を元に制作された本作. 景清やガラヤカを含め、レア機体を思い通りに操作できる. 機体によっては、特殊攻撃も存在する. ブルー・スライダーやSLC ダイブがその代表といえる. 上記のように、さまざまな条件のもとで与えられたミッションをクリアして機体を集めていく”ミッションモード”の他、自分の思い通りに僚機を育成できるAI育成機能などがある. オンラインだけでなくオフライン、シングルでも楽しめる要素が充実している. また、画面分割によるローカルでの対戦モードも搭載している. オンライン対戦では味わえない、臨場感のある対戦プレイを楽しもう. 16: 9のHD画質で現代によみがえった『電脳戦機バーチャロン フォース』. ハイクオリティな本作を体験しよう. オンラインにつながなくても、画面4分割の対戦が可能. 画面2分割の対戦もあるのだろうか? プレイヤーの熱意によって製品化されたHORI製の『ツインスティックEX』にも、もちろん対応している. これを使えば、アーケード同様の操作性を家でも味わえる. アンジェリーナ・ジョリーについて